淡水の小物釣りはじめました

今回はうまくギルを避けてクチボソを続けて作ることができました。

最近、YouTubeでよく小物釣り(フナ、オイカワ、タナゴ)の動画がオススメされるので見ています。

見ているとやりたくなるのは釣り人の性なのか、これまで40年近くやってなかった「のべ竿での小物釣り」がしたくなってきました。
子供の頃はよく親の釣り竿を(勝手に)借りて、掘ったミミズをお菓子の空箱に入れて近所の池に通ってました。結構いいサイズのマブナがめちゃくちゃ釣れた記憶があります。

早速ホームセンターで1,000円くらいの激安のべ竿を買って近所の水路に行ってみたのですが、ギルの猛攻にあってしまい、タナゴやクチボソはやっと1,2匹といった感じ。

やってみると面白そうなんで、もう少しちゃんとした道具でやってみることにしました。
形から入る方なんで(笑)

購入したのはジョインターのウォーターサイド 18/21。アウトドアショップ WILD-1が展開するジョインターブランドの小物竿になります。ガチの釣り用具というよりも、アウトドアやキャンプの中で釣りも楽しもうって感じのデザインに振ったタックルになります。

こういうオシャレ系のタックルって最近増えてきたのか、ジャッカルのRGM(ROOSTER GEAR MARKET)のシリーズなんかも人気があるみたいですね。

Jointer Waterside 18/21

この竿はズームタイプの小物竿で、名前の通り1.8mと2.1mで使うことができます。用水路の釣りにはぴったりです。
何度か20cm近いでかブルーギルも掛けたのですが、不安なく釣ることができました。

エサはマルキューのワゲットSSサイズ。寄せ餌は使ってないのですが、最初から魚の溜まる角のピンポイントで釣っているので飽きない程度に反応は取れています。

真鮒を釣るならミミズだろうと思うのですが、ウチの庭先を掘ってもミミズが見つからなかったんですよね。ガキの頃は家の前の花壇の植木鉢の下とかによくいたんですが。

人気のあるマルキューの野釣りグルテンも買って試してみました。釣れるんですが作り方が下手くそなのかなかなかまとまらずボソボソになってしまいます。練習が必要なようです。

クチボソ君たち

今回は朝の1時間半ほどでクチボソ7匹とギルも数匹。

目標は真鮒とタナゴを狙って釣ることです。
ただ釣れるのがクチボソとギルだけなんですよねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました